余興…。

最強格闘技ゲーム案

キャラクターは実在、架空含めて著名なリストからの選択と、
能力値パラメーターを任意に配置するオリジナルキャラの作成も可能。
既存キャラは初期パラメータも、武術も変更できないが、
作成キャラは、
空手,柔道,柔術,合気道,少林寺拳法,戴拳道,相撲,高専柔道,太気拳,琉球空手,本部御殿手,骨法,掣圏道,中国拳法,ボクシング,キックボクシング,ムエタイ,レスリング,サンボ,テコンドー,シラット,カポエラ,シューティング,コマンドサンボ,マーシャルア−ツからの選択が可能。
さらに中国拳法は八極拳,八卦掌,形意拳,蟷螂拳,酔八仙拳,通背拳,詠春拳,開極拳の中から設定が選択できる。

■パラメーター
 ○ 持久力………体力。全体的な運動エネルギーゲイン。
 ○ 耐久力………攻撃に対する肉体の強度。
 ○ 敏捷力………すべての動きの素早さを決める数値。
 ○ 腕力…………打拳、突き、掴みに影響を与える数値。
 ○ 脚力…………蹴り、走りだけでなく、攻撃全般に影響を与える数値。
 ○ 跳躍力………そのまんま。ジャンプ力。
 ○ 技能…………技の修得度。
■闘技場の種類は全部で5つ。
 1. 板張りの道場(10×10m,壁有)
 2. 平原(30×30m)
 3. 塔上の円形闘技場(土俵サイズ=直径4m55B)
 4. プロレスリング
 5. コンクリート床
■ステージは3つ
 1. 上記の闘技場での一騎討ち。
 2. トーナメント。闘技場選択は任意とランダムの設定が可能。
 3. 市街地でのクエストモード(コンクリート地面と土場の選択可)


闘技場やステージを分けることで、武術の優位順が変わる。

『プロレスリング』で効果を上げられない投げ技も、コンクリート床では高ダメージを与えられ、
『塔上の円形闘技場』では、相撲や八極拳はかなり有利になる。場外=死やからね。
『板張りの道場』では三角蹴りや、壁への打付けなんてことも出来るし、逃げ場もない。
『平原』では逃走(体力回復のため)なんてこともアリ。
『市街地でのクエストモード』では相手が複数になる為、キャッチ系格闘技は不利になるだろう。

コンセプトは、「ルール1つに1人のチャンピオンができる」という理論から、
場所やルールごとに選択したキャラの優位性が変化するというもの。



戻る