孫玉龍

開極拳
[1907〜]

伝説の『神八極』の男。
1907年交河県小孫庄に生まれた彼は、
幼少期より武術を学び、
13歳で師について正式に長拳の教えを受ける。
16歳の時に天津に出て八極拳と掌式門、鉄沙掌を学ぶ。
この地で他流門派の拳士達と親交を持ち、
また他派の大師から教えを受けたりもした。
『神八極』の異名は激動の民国時代、実力派拳師の集まる
天津の地で呼ばれるになったものだが、
この時、孫玉龍はまだ20代前半の若者のはず。
彼の技芸のスゴさが知れよう。
その後も形意拳,八卦掌,大極拳,燕青拳,点穴など
幅広い技芸を修得研究し、
さらに親交を持った拳士,大師等の協力・助言を得、
数十年にわたる練功の末、遂に『開極拳』の創始を見た。
八極拳を主核として形意,大極,八卦などが取り入れられ、
『見えざる功夫』といわれるその拳技。
途切れのない勁から繰り出される技から、
相手は避けることが出来ないのだという。


戻る